・フォアグラ缶詰
 日本ではなじみの薄いハンガリーのフォアグラだが、ヨーロッパではその味の良さと価格の安さに定評がある。
・パプリカ
・パーリンカ
 果物からつくる蒸留酒。種類はbarack(バラック:アプリコット)、szilva(シルバ:プラム)、oszibarack(ウーシィバラック:桃)、cseresznye(チェレスニェ:さくらんぼ)、korte(クルテ:洋ナシ)などがある。アルコール度数は高いが、果物の香りが爽やかなお酒。
爆弾として、パプリカのパーリンカがあるが、強いアルコールとパプリカの辛さが強力すぎるので、お薦めはしない。お土産には向かない。
・ワイン
Egri bikaver(エグリ ビカヴェール)訳してエゲルの雄牛の血が有名。他にも名産地Szekszard(セクサール)、Villany(ヴィッラーニ)、Sopron(ショプロン)、Hajos(ハヨーシュ)などの名がラベルがついていればおいしいと思ってよい。
ルイ14世が”ワインの王様”と呼んだ”王様のワイン”がトカイワイン。中でもTokaj aszu(トカイ アスー)は1900年のパリ世界博覧会で表彰された折り紙つきの銘酒。これは普通のワインに貴腐ブドウを加えた甘いお酒。Puttonyos(プットーニュ)は貴腐ブドウの量をあらわす単位で数が大きいほど甘い。
他の名産地は、Badacsony(バダチョニ)、Balatonboglar(バラトンボグラール)、Pecs(ペーチ)、Somlo(ショムロー)、Mor(モール)、Matra(マートラ)など。
 ハンガリー独特の柄を、レースや民族衣装に刺繍したものや、人形やイースターエッグに描いた定番品から、時計やコンパクト、アロマグッズなど現代ニーズに合わせた品物まで幅広く揃っている。若い人向けのシンプルでモダンなデザインから、色鮮やかでゴージャスなものまで、デザインも幅広い。

割とどこでも手に入る。専門店は品数が豊富。しかし掘出し物は様々なお店にある民芸品コーナーで。

<専門店>
Judit Folklor
 (ユディトゥ フォルクロール)
T区 Orszaghaz u.12
Nepmuveszeti bolt
 (ネープムーヴィセティ ボールド)
X区 Kossuth Lajos u.2
Fokart centrum
 (フォカールトゥ ツェントラム)
X区 Vaci u.14
・Herend ―ヘレンド―
 ヴィクトリア女王が愛したことで知られる名窯。
世界中に愛好家のいるヘレンドは、ここハンガリーで生まれた。本場だけあって、価格も日本よりだいぶ安く、当然種類も豊富。日本では手に入らないものも数多く発見できる。
T区 Szentharomsag u. 5
X区 Jozsef Nandor ter 11
・Zsolnay ―ジョルナイ―
 日本ではあまり知られていないが、ヘレンドと並ぶハンガリーの2大陶磁器の1つ。いかにも上品なヘレンドに比べ、ジョルナイのデザインはセンスの塊。常識から外れたデザインが多く、日本人には驚きかもしれない。
X区 Ferenciek tere 4−5
<Leves―レヴェシュ―:スープ> 
・Jokai bableves ―ヨーカイ バブレヴェシュ―
燻製した肉をじっくりと煮込み、酸味の弱いハンガリーのサワークリームでこってり感を加えた、パプリカ入りの豆スープ。
・Gulyas ―グヤーシュ―
ハンガリーを代表する料理の1つ。パプリカたっぷりの牛肉と野菜が入った、辛味のきいたあつあつのスープ。
・Halaszle ―ホラースリー―
グヤーシュと並んでこちらも、ハンガリーを代表する料理の1つ。川魚をパプリカで煮込んだ、辛味のきいたスープ
・Hideg meggyleves ―ヒデグ メジレヴェシュ―
冷たくて甘いさくらんぼのスープ。日本人にはデザート感覚。夏季限定。他の国では食べられない。
<Foetelek―ヒューエテレク―:主菜>
・Gombafej rantva ―ゴンバフュイ ラーントヴァ―
表面はカリカリで香ばしく、中はジューシーなマッシュルームのフライ。
・Sajt rantva,tartarmartassal ―シャイト ラーントヴァ トルタールマールターシォル―
ブロックチーズのフライ、タルタルソースがけ。絶品、一押し。以上!
・Porkolt ―プルコールト―
さいころに切った肉をたまねぎとパプリカで風味付けした煮込み料理。おいしいハンガリーのパンとよく合う料理。
・Toltott kaposzta ―トゥルトゥット カポスタ―
肉と米が入ったロールキャベツ。
・Kolozsvari rakott kaposzta ―コロジュヴァーリ ラコット カポスタ―
キャベツの酢漬け、豚のひき肉、ベーコン、ご飯を焼いてこってりとしたサワークリームをかけた豪華な焼き飯。
・Piritott libamaj ―ピリトゥット リバマーイ―
フォアグラのソテー。ハンガリーのフォアグラは、とても上質で価格も安い。
・Brassoi apropecsenye ―ブラッショーイ アプローペチェニェ―
フライドポテトの上に豚肉の煮込みをかけた大衆料理。
・Fogas tartarmartassal ―フォガシュ トルタールマールターシォル―
脂ののった、にじますのソテーにタルタルソースがかかっている料理。
・Pisztrang tejszin martasban ―ピストラング テイシーン マールターシュバン―
エレガントなます料理。生クリームソースがけ。こちらも、にじます料理で風味豊かな生クリームソースがアクセントの高級料理の1つ。
<Tesztak―テースターク―:デザート>
・Somloi galuska ―ショムローイ ガルシュカ―
小さくきったスポンジケーキに、ナッツとラム酒をかけ、チョコレートをかけて飾りつけはホイップクリーム。
・Palacsinta ―パラチンタ―
ハンガリーで最もポピュラーで大衆的なデザートの1つ。少しこってりとしたクレープのような感じ。定番は、カッテージチーズやジャム、チョコレート、生クリームなど。店によって様々な種類のものがあるので、珍しいパラチンタを探すのも面白い。また、ひき肉などが入っている主菜としてのパラチンタもある。
・Retes ―レーテシュ―
薄い層がサクサクの菓子パン。カッテージチーズ、リンゴ、さくらんぼ、キャベツと種類は豊富。
・Turos csusza ―トゥーローシュ チュサ―
パスタにカッテージチーズとサワークリームを混ぜてカリカリの焼き豚で風味をつけたもの。日本人には主菜感覚。
・Ecseri ―のみの市エチェリ―
中欧最大の中古品市場。家具、骨董、古着、古本などおよそなんでも売っている。ガラクタの中に凄い掘出し物がたくさん混じっている。値切るのが基本。
]\区 Nagykorosi ut 156 ⇒ の Hatar ut からバス54。Ecseri piac(エチェリ ピアッツ)下車。
TOPへ